八潮中央総合病院 スタッフ採用サイト <八潮市>
新人看護師
子育て看護師
介護スタッフ
 
 
 
 
AMGの看護学校を卒業し、グループ病院をいくつか見学した中で、新人教育に特徴のある当院に入職を決めました。学生時代はリハビリ看護に興味があったものの、1stローテーション研修で急性期看護の魅力を知り、急性期が学べる外科病棟を希望しました。

2ndローテーション研修では、慢性期看護にも携わり、1年目から幅広い領域が学べて大満足です。また、毎月1回の新人研修で同期と話ができるので、悩みを溜め込まずにすみました。

最近の楽しみは、職場のバレー部の練習。仕事の後は、汗を流してリフレッシュしています。
岡田 (入職4年目)
外科病棟勤務
10年の育児ブランクから復職したきっかけは、当院の「復職支援研修」。研修内容は私のキャリアに合わせて考えて頂き、実際の現場で指導を受けました。当時は子どもが小さかったので、働き方の相談をした結果、まずは半日だけのパートとして入職。子どもの成長に合わせて、働く時間を伸ばしています。

当院には子育て中の看護師が多く、職場の保育室に登録している子どもの数は、なんと50人以上!中には2人目、3人目を預けるケースも珍しくありません。看護部長も仕事と育児を両立していたので、育児への理解が大きく、私たちの大きな支えとなってくれています。
西山 (入職8年目)
外来病棟勤務
初めての職場選びは、すごく悩みました。グループホームや老健という選択も考えましたが、作業療法士である父に「病院は、色々な職種と関わりながら幅広く学べる」というアドバイスをもらい、介護職の教育に力を入れる当院に入職しました。

充実した介護を提供するには、病気・治療に関する知識が必要ですし、病院でどんな過程を経て自宅に戻るのかを知ることは、介護職として大きな強みになります。現場では、看護師やリハビリスタッフとコミュニケーションを取りながら働くので、専門知識も身に付きますよ。

また、1年目は教育係が付き、色々な先輩と交わり、成長できるのが当院の良いところ。家族への介護指導も行うので、学んだ知識が自分のものになりやすいです。
上原 (入職4年目)
回復期リハビリ病棟勤務
医療法人社団 協友会 八潮中央総合病院   〒340-0814 埼玉県八潮市南川崎845番地  TEL.048-996-1131(代表) FAX.048-997-2135
Copyright (C) Yashio Central General Hospital. All Rights Reserved.