柏厚生総合病院  看護師採用サイト <千葉県柏市>
 
 
 
 
全 22 件中 1-5 を表示    
写真はクリックすると拡大表示されます。
2017-08-01 (火)
 
血管造影室での検査・治療が始まりました
 
7月末より、血管造影室での検査・治療が始まりました。
脳神経外科、循環器内科に関わるスタッフ一同、春から運営会議などを行い準備してまいりました。新しいことを始めるのは、本当に大変ですが、この機会にまた、医師、事務、総務、放射線技師、薬剤師、リハビリ、看護師と院内のスタッフ連携のすごさに気づかされました。
患者さま、ご家族に安心して検査や治療を受けていただけるよう、1例1例、丁寧に検査、治療の援助をさせていただいてる日々です。
2017-07-30 (日)
 
6月 7月のまとめ
 

新入職員は、各病棟に仮配属され、夜勤業務を月に1回は行っております。
病棟の流れにも徐々に慣れたようです。
6月には不安や悩みも多かったでしょうが、慣れてきて7月末にはできる技術もずいぶん増えてきました。
7月末に、1日かけて心電図の勉強会を行いました。
実践と勉強により、理解が一層深まったのと、同期が顔を合わせ、いい気分転換にもなったようです。


8月から始まる、血管造影室での検査、治療について病院職員一同勉強会や、運営会議を繰り返して取り組んでいるところです。


7月には、福岡、仙台で就職説明会に参加してきました。
当院のブースに来ていただいた学生さん、ありがとうございました。
ぜひ、当院に見学やインターンシップにいらしてくださいね。

2017-07-20 (木)
 
カンゴサウルス賞受賞!
 

2014年から3年間、看護協会が推進するワークライフバランス事業に当院も参加しました。
インデックス調査により、制度の周知の認知度が低いことがわかり、勉強会を開催しました。男性職員の育児休暇、介護休暇、子の介護休暇などを利用できることが周知され活用されました。看護部はお互いさま精神でリフレッシュ休暇(1年に1回、7日まとめた休みを取ることができる)も導入し定着しています。
働き続けられる環境を整えていこうと、常に管理職も考えています。
仕事、業務=患者さんが安全に入院生活を過ごせるための人員確保と、スタッフが家庭も仕事もバランスよく過ごせる職場環境の調整。
ワークライフバランス事業に参加し、そこが大切であることに管理職一同理解しました。そして、調整を続けています。

看護部長が「看護協会に行ってきますねー。」と外出し、翌朝、「賞をいただいてきましたよ!」と賞状とぬいぐるみをみせてくれました。
ワークライフバランスの取り組みに対して賞をいただきました。
うれしいですね。

2017-05-30 (火)
 
5月のまとめ
 

新入職員が各部署に配属されて1ヶ月が過ぎようとしています。
初めの1週間は先輩について、病棟の流れをつかみました。
次は、できる技術を増やしていきます。
ますは先輩の技術を見学。
そして先輩の見守り下で実践。
予習、復習を重ね、独り立ちしていきます。
3週目には患者さまを1人受け持ち、少しづつ看護師らしくなってきました。
一生懸命記録もがんばっています。


5月からラダー研修も始まりました。(目標管理、薬剤管理)
学生さんのインターンシップ、病院見学、ご来院いただきありがとうございました。

アンギオ室の工事が始まりました。
気温の変化が大きいときです。
体調管理に気を付けて過ごしていきましょう。

2017-04-30 (日)
 
4月のまとめ
 

新入職員を迎え、4月がスタートしました。
はじめに集合写真を撮影したころは桜もあまり咲いていなかったのですが、徐々に大堀川沿いの桜も満開。
病院での集合研修、看護技術の演習が始まりました。
半日演習、半日は各病棟の体験。
月末には、5月から配属される部署の発表がありました。

4月から、循環器、脳外科に新しい医師が入職しました。
新しい分野の治療が始まります。
アンギオ室の準備のため、他院に見学にいったり、打ち合わせ会議を行っております。

平成29年度もがんばっていきましょう。

全 22 件中 1-5 を表示    
医療法人社団 協友会 柏厚生総合病院   〒277-8551 千葉県柏市篠籠田617   TEL.04-7145-11111(代)
Copyright(C) Kashiwa Kouseil General Hospital.All Rights Reserved.